2014年5月7日水曜日

産前産後プライベートケアのひととき

 先月下旬の事。ヨガにいつも来てくれている仲良しなっつが第二子を出産しました。
いつも子供達の喧噪の中行われる子連れ・マタニティヨガ。そんな中、お産の日に近づくにつれてヨガが始まるとともに自分の内側をみつめ、お腹の中の赤ちゃんに語りかけるように優しく真剣にヨガに打ち込んでいる彼女の姿が印象的でした。

 今回は、いつものヨガとは別に出産間近のプライベートヨガとマッサージ、産後はなんと出産3日目に助産院に入らせていただき、施術させていただきました。
出産直前のケアでは彼女の自宅にて、直前の体力作りと呼吸法、マッサージではむくみをとり、リラックスをメインに行いました。

 ヨガを行っているとマッサージは贅沢、自分のケアは自分で、、と思われる方もいるかもしれませんが、人の手って本当に大事です。「ケアしてもらう事で自分では気づかない身体の状態を確認してもらえる、そしてその後の養生を自分で考えていける。」とは彼女談。

 少しつかれ気味だったママ。マッサージ後も何日か待ってフルムーンを越して、出産予定日一日前の出産でした。
赤ちゃんはちゃんとママの身体をわかってその日を選んで出て来たんだね〜。



 そして元気な女の子と産後3日目にご対面。

いつもお腹の中にいて私の声も聞いてくれてたかな。不思議な気持ち。
私もお世話になったファン助産院の何とも和やかな雰囲気と赤ちゃんの匂いに包まれて幸せな気分いっぱいになりました。
産後の身体は骨盤が開いていて、不安定な状態。起き上がって施術する事なく、
久しぶりに堪能できるうつぶせ寝をメインに骨盤調整とお産で疲れた肩周り中心のケアをしました。


 お産による身体と心の変化は本当に他では体験できない特有のもの。
自分の身体をみつめ、お産とともに身体は浄化される。
そして新しい命は希望そのものです。
そんなプライベートな時間を共有させてくれた彼女に
感謝します。
まだまだ勉強中ですが、これからも出産に関わる女性のお手伝いをさせて行けたら素敵だな。と思いました。