2013年8月16日金曜日

風邪の対処方法・お針子プロジェクト

久しぶりに風邪をひいた。まずいな〜と思った時に油断して遊びすぎた事が原因、のどからくる風邪でだいぶ厄介。もうほとんど良いけど夜は少し咳が出る。

風邪の時は梅肉エキスと蜂蜜をお湯でといたものを飲み、足湯をよくする。
今回の風邪は少し長引きそうだったので、レンコンをすりおろして漉したものに黒糖を混ぜてのみ、里芋パスターで喉を湿布もした。
どれも東城百合子先生の『自然療法』にあるとおり。いくらか楽けど、
何よりも睡眠が大事。。。

それから今回助けられたのが、ネパール人の旦那さんをもつお友達からいただいたサンチョというネパールの薬。薬といってもエッセンシャルオイルをブレンドしたようなものでユーカリやらミントが成分のもの。
タイガーバームのように喉や背中に擦り込んだり、耳の裏や小鼻に塗ったりすると呼吸する度にスースーするのでとても楽になるけど
一番効果的だったのが、熱湯にオイルを垂らしてその蒸気を鼻や喉から吸い込む方法。バスタオルなどで密閉して思い切り呼吸し、鼻水もあせもタンも出し切る。
朝起きてタンが絡んだり鼻がつまっている時にとても助かった。

今日は8.15終戦記念日に、お世話になっているぽれやぁれでお針子プロジェクトというイベントに参加させていただいた。
戦争時代を生き抜かれた方の貴重な体験談を聞いたり、当時女性達が兵士の銃弾よけのお守りとして作ったという『千人針』について話を聞いたりしてとてもココロに響いた。
こういう大事な節目に人と会い、話を聞き、思いを共有する事の大切さを最近つくづく思う。
このお針子プロジェクトは代々木上原のギャラリーでも18日まで開催中との事。
さまざまな思いを馳せて共同作業で一枚の布を縫い上げていくワークや、展示品もありとても素敵なイベントのよう。わたしも最終日にお邪魔できたらと思っている。

お針子プロジェクト~心をつなぐ針と糸~
https://www.facebook.com/oharikoproject